創作ネタ「一人称の種類を徹底解説!自分の表現はいくつある!?」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。『そうとめ』管理人のるいつです。(@Soutome_ruitsu)

あなたは自分自身を指すときになんと言っていますか?

男性であれば「俺」か「僕」が多いでしょうし、女性なら「私」が多いでしょう。

公的な場だと性別問わず「私」を用いるのが一般的ですよね。

さて創作においてもこの一人称は重要になってきます。

一人称はキャラクターの特徴として読者に深く印象を与えることができますからね。

今回はこの「一人称」をご紹介します。

キャラクターの一人称がワンパターンだなと感じている方は必見です!

一人称の種類

日本の一人称ってかなり多いんですよね。

使われているのは冒頭にお話したように「私」「俺」「僕」ぐらいなんですが。

それではいくつか一人称の種類をオススメの用途とあわせてご紹介します。

「私」

一番オーソドックスな一人称です。

男女問わずに使用できて、特に男性の場合だと大人になればなるほど使用される傾向があります。

「俺」

男性キャラの使用率トップクラスの一人称です。

女性キャラにも使うことができて「俺っ娘」と呼ばれる。ボーイッシュな女性キャラに多い。

明るいキャラに使うのがいいでしょう。

「俺様」というように自尊心の高いキャラクターが使う派生語があります。

最近人気のヒプノシスマイクに登場するキャラクター にもいますね。

「僕」

男性キャラに多い一人称です。特に子供がよく使用している他、優しい性格のキャラクターが使う傾向にあります。

女性キャラにも使えて「僕っ娘」と呼ばれ、俺っ娘より違和感の少ないキャラとしてよく使用されています。

男性でも無くて女性でもない「無性キャラ」や男の娘キャラのような中性的なキャラに使うのがオススメです。

>>男の娘キャラについて

「ワシ・儂」

主に年長者が使う一人称です。

おじいさんキャラが多く使う傾向がありますが、あえて幼い少女キャラに使ってギャップ萌えを狙う方法があります。

「ワシは~じゃ」と語尾に「じゃ」を付けるのが特徴。

個人的に化物語の忍野忍 が一番先に浮かびました。

「アタシ」

女性キャラが使う一人称です。

「私」と似ていますが異なります。

こちらの方が気の強いキャラに使われる傾向があります。

不良少女のキャラクターに使うのがしっくりくるでしょう。

>>不良キャラについて

「あたい」

女性の一人称です。

商人キャラに多いと思います。

使用頻度としては高くないものの、珍しいがゆえにキャラクターの印象を与えやすい一人称です。

「ウチ」

関西圏の女性に多い一人称です。

関西人キャラはもちろんのこと、それ以外の地方に住んでいるキャラにも使うことができます。

>>関西弁キャラについて

女子中学生や女子高生キャラに使うといいでしょう。

「吾輩(わがはい)」

男性の一人称です。

古風な一人称ですので、使用される年齢層は高めでしょう。

堅苦しさから軍人系のキャラクターに使われることが多いですね。

「拙僧(せっそう)」

僧侶が使う一人称です。

自分をへりくだった言い方で、僧侶キャラを出すなら採用することをオススメします。

なにせ僧侶キャラ自体が少ない上に、一度聞くと忘れられない一人称ですからね。

「我(われ)」

高貴なキャラクターが使う一人称です。

言い回しが古めかしいため、妖狐のように長年生きながらえた人外キャラに使うこともできるでしょう。

>>妖狐について

地位も高いがプライドも高いキャラにオススメの一人称です。

「余(よ)」

こちらも高貴なキャラクターが使う一人称です。

同じく古めかしい一人称であり、「我」と使うキャラがすでに存在している場合に差別化して使うのもいいでしょう。

何より「余」という一人称の中で最短の語ということで非常に印象に残りやすいです。

「某(それがし)」「拙者(せっしゃ)」

大河ドラマを見ているとよく出てくるタイプの一人称です。

武士に多い印象のある一人称で、武人キャラであれば武士でなくて採用されるでしょう。

義にあついキャラクターとのシナジーが高いと思います。

「まろ」

日本の公家が使っている印象があります。

採用率は決して高くなく、平安時代を取り上げた創作のように使われる範囲が非常に限定的です。

「妾(わらわ)」

こちらも公家が使っている印象がありますね。

女性キャラクターが使う一人称で、「~のう」「~じゃ」といったように古めかしい言葉遣いをセットですることが多いです。

使用される年齢層は低く、少女キャラに採用されています。

「小生(しょうせい)」

目下や同じ地位の人物に対して男性の使う一人称です。

現代では書き言葉以外は使われることがほとんどないです。

創作に関して言えば、怪しげキャラクターに採用される傾向があります。

あとは年齢層の高いキャラクターですかね。

「おいら」「おら」

男性が使う一人称。

田舎出身のキャラクターが使うことが多いですね。

女性であっても使うケースがあるとかないとか。

「あちき」「わちき」「わっち」

いづれも遊郭で働く花魁が使っていた郭言葉。

創作で使うときは遊女キャラかそうでないかは特に関係がなく、商売人キャラに使われる傾向があるように感じます。

「朕(ちん)」

皇帝や天子が使用する一人称。

その特性上、一つの物語にこの一人称を使うキャラは一人にしておくのが望ましいです。

「自分」

これは現在でも稀にみる一人称です。

「自分は~」というように自身のことを自分と呼称します。

少し堅苦しさを感じさせるのか、軍人キャラに使われる傾向があります。

当方(とうほう)

かなりかしこまった一人称です。

エリートキャラに使われることが多いです。

そしてなぜかメガネをかけていることが多いような気がします。

>>メガネキャラについて

本官(ほんかん)

警察官によく使われる一人称です。

現実では使われることは少ないですが、創作の世界において警察官キャラの一人称として目立たせやすいために多く使われています。

ワイ

男性の一人称です。

掲示板で使われることが多くなったので、その印象が強い人が多いですかね。

オタクキャラに使うのがいいでしょう。

>>オタクキャラについて

自分の名前

一人称が自分の名前の人がたまにいますよね。

一般的には幼いころ使っていた人が多いと思いますが、成長しても名残が消えずに使用しているのだと考えられます。

創作ではぶりっ子キャラに使われることが多く、「〇〇ちゃんは~」とちゃん付けで強調することがありますね。




まとめ

今回は「一人称」についてお話してきました。

こうして見るとかなり多いですよね。

それだけキャラクターの書き分けに便利なので頭に入れておいて損は無いでしょう。

それではまた次回お会いしましょう。

<これまでの記事はこちら>

よろしければブックマークやフォローお待ちしております!Twitter(@Soutome_ruitsu)

ちょっとしたネタが貴方の大きな創作に繋がりますように。

以下の記事も合わせてご覧ください

[プロの創作家志望は必見!]イラストや小説は学校で勉強するのも手!社会人からは厳しい?

[オススメ記事]創作に最適な画像素材は?フリーの物やおしゃれな写真の入手法とは?

[デジタルソフトで悩んでいる方へ]イラストソフトは何がおすすめ?デジタルで創作をするならこれだ!!

[小説家にオススメ]イラストを依頼できるサイトを紹介!小説の挿絵に悩んでいる人は必見



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする