創作ネタ「闇堕ちキャラの特徴!理由は正義のあり方にあった!?」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。『そうとめ』管理人のるいつです。(@Soutome_ruitsu)

漫画やアニメなどでワクワクする展開ってありますよね?創作する人間であればそれを参考にすることもあると思います。

今回はその数あるワクワクさせられる展開の中で特に根強い人気のある「闇堕ち」についてお話したいと思います。

創作している物語がワンパターンであきあきしている人は必見です!

闇堕ちの意味とは

闇堕ちとは「元は善性の心を持ち合わせていた人物が何らかの影響で悪(闇)になってしまう」という意味があります。

闇堕ちしやすい傾向にあるキャラの展開とは

闇堕ちをするキャラクターというのはある程度序盤から予想しやすいことがあります。

あー……このキャラ絶対闇堕ちするよなぁ

と露骨にわかるようなこともありますし、散りばめられた伏線の考察を経てわかることもあります。いくつか紹介しますね。

まずは「主人公の思想・行動に苦言を呈する

これはわかりやすいですよね。主人公が善性であった場合に該当します。主人公のやり方では自分の理想には達することができないと確信した際に闇堕ちしやすいです。

次は「愛する家族や恋人が守れなかった・殺されたとき

これは今まで信じていたやり方での限界を大切な人の死という大きな悲しみで知ることになった例です。今までのやり方が善に基づくものであったなら、悪に基づくものへ転換され闇堕ちする可能性があります。

それから「第三者による誘惑

これも闇堕ちする展開の中ではメジャーでしょう。元から前述のような闇堕ちする条件がそろっていてギリギリの良心で踏みとどまっていたところを第三者が背中を押して完全に堕ちてしまう。例えば「今考えを変えないと(すなわち闇堕ちする)大切な人を失うことになる」という脅しや「もっと人々を救うことのできる方法がある」と善行を行わせているように見えて悪行に手を染めさせることを勧めるなどですね。

あと「DEATH NOTE」のように日常で理不尽な世界への苛立ちとともに募った変革したいという野望があるきっかけで爆発して闇堕ちするような、完全に能動的な物もありますね。

主人公の闇堕ち

闇堕ちするのは何もサブキャラクターだけではありません。主人公自体も例外なく闇堕ちする対象となり得るでしょう。

主人公が闇堕ちする経緯についてはサブキャラクターと変わりはないですが、主人公という特性があるので描写される時間が長いです。そのため物語自体が悪についての展開になりやすいでしょう。

悪について考える場合は以前紹介したダークヒーローのようにそもそも悪とは何かを考える必要があるでしょう。

[関連記事]人気作の「ヴェノム」にも登場するダークヒーローについて

「正義の反対は悪ではなくまた別の正義」なんて言われたりしますから悪の定義づけは重要でしょう。

「コードギアス 反逆のルルーシュ」の主人公が闇堕ちしているキャラとしてよく挙げられますが、闇堕ちと言って良いのか正直悩ましいところですよね。

それだけ悪とは難しい属性なんです。

闇堕ちした後の展開

キャラクターは闇堕ちした後はいくつかのエンディングが考えられます。

一つ目は「闇堕ちしたまま敗れて退場

主人公と対決したり主人公自体が闇堕ちしていればかつての仲間と対峙したのちに敗れて死亡あるいは行方をくらませるエンディングです。

二つ目は「闇堕ちし対峙したのちに改心するも退場

これは仲間と対峙中に考えを改めるも時すでに遅しで死亡したり行方不明になるエンディングです。第三者からの攻撃から身を挺して庇った結果死亡という展開が多いように感じられます。

三つ目は「闇堕ちし対峙したのちに改心して再度仲間になる

これが一番ハッピーエンドに近しい展開です。創作に取り入れたい際は改心する過程や背景はしっかりと描写するように心掛けてください。ここを疎かにするとただの心変わりの早い薄っぺらいキャラクターになってしまうので注意が必要です。




闇堕ちを自身の創作に

それでは闇堕ちを創作に活用する方法として今回もバトル物と恋愛物にわけて解説していきますね。

シリアスな創作を前提としてお話しますね。

闇堕ちしたキャラのバトル描写

闇堕ちをすればこれまでの戦闘スタイルとは異なった描写をする必要があります。

闇堕ちという名前そのままの闇の力だと非常にわかりやすいですよね。基調とするのは黒でモヤがかかっている謎のエネルギーを放つといったところでしょうか。

戦闘方法ではこれまで騎士や武士のような戦い方をしていたのが闇堕ちを経て悪党のような戦い方をするように。具体的には髪の毛を掴んで相手を持ち上げたり、倒れている相手を蹴り上げるなどですね。

能力では闇堕ちをしたきっかけになった化け物を使役したりするのもいいでしょう。

化け物といえば「ゾンビ」を用いるのもいいかもしれませんね。

[関連記事]ダークな描写に最適なゾンビについて

闇堕ちキャラの恋愛

恋愛描写において闇堕ちは非常に重要な役割を担います。闇堕ちしてから惹かれあうようになったのか闇堕ちする以前から惹かれあっていたのかで展開に差が出てきます。

そして結果的に結ばれるのか、それとも悲劇的な別れをするのかも考える必要があるでしょう。

主人公または思い人の片方が闇堕ちした後に、善より愛を選んだ結果共に闇堕ちしてしまうのも面白いのではないでしょうか。

ヤンデレとのシナジーが高いような気がしますね。

[関連記事]NLでもBLでも人気のヤンデレ

まとめ

今回は闇堕ちについてお話してきました。闇堕ちとは反対に光堕ちという言葉があるのですが、こちらはまた別の機会にでもお話しますね。

それではまた次回お会いしましょう。

<これまでの記事はこちら>

よろしければブックマークやフォローお待ちしております!Twitter(@Soutome_ruitsu)

ちょっとしたネタが貴方の大きな創作に繋がりますように。