創作ネタ「オリキャラは痛い!?一次創作の設定や作り方を解説!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。『そうとめ』管理人のるいつです。(@Soutome_ruitsu)Twitterでは独自の創作ネタを発信しておりますのでフォローお願いします。

創作するとき既存のキャラクターを自分で描くことを「二次創作」って言いますよね。

[関連記事]二次創作でぶち当たるネタ切れと改善策

Twitterなど画像を掲載できるSNSを見ると二次創作のイラストや小説が非常に多く目に触れると思います。

二次創作が増えたのはやはりソーシャルゲームの普及による後押しが大変大きいでしょうね。

一方で古くから同じように創作の一つの形として続けられてきているのが、既存のキャラクターを使わずに自分自身が手掛けた「オリジナルキャラクター」を使用した「一次創作」があります。

今回はこのオリジナルキャラクター、通称「オリキャラ」についてお話しますね。

オリキャラを作ろうか悩んでいる人は是非参考にしてください。

イラストなどで見かけるオリキャラ

オリキャラは既存キャラクターのように「○○出身」「○○が好き」「○○と因縁がある」など二次創作をするうえで外してはいけない設定がありません。

自分自身がキャラクターの出身地や性別、他キャラっクターとの関係性まで自由自在に作り込むことができます。

二次創作をしていると設定の解釈が異なってTwitterでは言い争いになったり、時には炎上したりとしたリスクがありますがオリキャラを用いた一次創作にはありません。

この設定の解釈の違いというのは実に厄介で例えるならば「にんじんが嫌い」という設定があったとして「にんじんを親の仇のように嫌い」という解釈があったり「にんじん茹でたらいけるけど生は嫌い」みたいにすごく周囲から見れば小さいことでも大きな論争になることがあるんです。

そんなめんどくさいことのない一次創作は大きなメリットであり、最大の特徴ともいえるでしょう。

一次創作を含めた絵師について興味のある方は下をそれぞれチェックしてくださいね。

[関連記事]絵師に関係する炎上と回避策

[関連記事]絵師と関わるなら知っておきたい依頼の注意点など

オリキャラの欠点

二次創作が設定関連で論争になるというのは裏を返せばそれだけ必死になるほど作品に思い入れがある人が多いということです。

逆にオリキャラを使う一次創作は論争にならない。つまり思い入れのある人が自分しかいないんですよね。

自分だけが楽しめれば大丈夫!という人はそのスタンスを貫いて頑張って欲しいですが、他の人にも楽しんでもらいたいという人は最初にオリキャラの魅力を伝えるのが大変だと思います。

なぜ大変なのかはわかるでしょう。

既存のキャラはアニメや漫画、ゲームなどメディアからの強力なバックアップがあり、なおかつ見慣れたものになっています。

一方オリキャラはそういった媒体が無い分、イラストや小説でグッと見る人を引き込む必要があります。

オリキャラを「痛い」と揶揄する風潮

黒歴史」って言葉ありますよね。

中学生の頃の日記やイラスト。過去の自分や他人の創作物を指してそう呼ぶことがあります。

そこではしばしばオリキャラに対して「痛い」という感想を述べる人たちがいますよね。

自分自身の過去の作品は現在と比べて稚拙で面映ゆい気分になるのでしょう。私もその気持ちはよくわかります。

しかし本人ではない他者がオリキャラに対して「痛い」と揶揄するのは正しいのでしょうか?

ゲーム、アニメ、漫画。この世に存在する創作物の既存のキャラクターってリリース前のコンセプト段階はオリキャラだったわけじゃないですか。

全てはオリジナルから成り立つのに「痛い」とするのはいかがなものでしょうか。

邪気眼、羽根……痛いとされる特徴を採用しているキャラクターって存在しますよね。

要はクオリティの問題で構想は共通しているんですよ。

過去に自由帳に描いたキャラクターは人気作のプロットになる可能性だってあります。

ですからオリキャラを創作には胸を張ってください。

その痛いとバカにされたキャラクターは将来人々を魅了するキャラクターになるかもしれないのですから。

野次は放っておいて曲でも聴きながら創作意欲をモリモリわかせていきましょう。

[関連記事]聴くだけで創作意欲がわきたつアーティスト三選




一次創作、オリキャラの設定

オリキャラを制作する際には十分に設定を練る必要があります。

・性別

・性格

・出身

・バトル物であれば能力

・恋愛物であれば恋愛する上でのスタンス

・過去

などを最初に考えておき、そのあとに他のキャラクターとの関係性を考えていきたいですね。

上記の他にも沢山肉付けしなければいけない設定はありますが、私がオリキャラを作る上で一番重要だと考えるのは「信条」です。

信条がブレブレだと見ている側はどこに共感していいのかわからずに宙ぶらりんになってしまうでしょう。

信条というのは例えば「弱き者の味方」とか「強さだけを求める」などです。

「強さだけを求めるキャラ」がなんの脈絡もなくいきなり

俺は弱くてもいい!強さなんて必要ない!

とか言い出したら

……え?

ってなりますよね。

物語を通して考え方が変わるのとは話が違います。説得力のない心変わりも好ましくないでしょう。

キャラクターの信条がブレないと物語全体の軸もブレません。

ですのでキャラクターごとにしっかり信条・軸を決定しておきたいですね。

そして、設定を固められたらペンをとって物語を動かしてみましょう。

[関連記事]創作をはじめるなら知っておきたいアナログとデジタルの特徴

まとめ

今回はオリキャラについてお話してきました。

二次創作は人気の出方が早くて爆発的ですが旬を過ぎれば落ち込みます。

一次創作は人気の出方はかなり遅いですが人気が落ち込むことはないでしょう。

それぞれの利点欠点を理解して選択していきましょう。

そしてオリキャラを愛しすぎたゆえに暴走する「うちの子厨」にはくれぐれもならないようにしましょう。

[関連記事]うちの子厨とは何か?注意点を含めて解説

それではまた次回お会いしましょう。

<これまでの記事はこちら>

よろしければブックマークやフォローお待ちしております!Twitter(@Soutome_ruitsu)

ちょっとしたネタが貴方の大きな創作に繋がりますように。

以下の記事も合わせてご覧ください

[プロの創作家志望は必見!]イラストや小説は学校で勉強するのも手!社会人からは厳しい?

[オススメ記事]創作に最適な画像素材は?フリーの物やおしゃれな写真の入手法とは?

[デジタルソフトで悩んでいる方へ]イラストソフトは何がおすすめ?デジタルで創作をするならこれだ!!

[小説家にオススメ]イラストを依頼できるサイトを紹介!小説の挿絵に悩んでいる人は必見



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする