絵師とはなにか?イラスト創作する上で炎上を避ける方法について!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。『そうとめ』管理人のるいつです。(@Soutome_ruitsu)

最近何やらTwitterで同人誌に対する値段の考え方でTwitterがざわついているようです。

この手の話題は定期的に取り沙汰されては治まって、そしてまた注目されての繰り返し議論されていることです。

それだけ創作界隈に生きているとぶち当たりやすい問題なのでしょう。

ところで同人誌やTwitterやpixiv、あるいは自サイトでイラストを公開している人たちを何と呼びますか?

イラストレーター……絵描き……それとも絵師でしょうか。

今回は絵師の意味や炎上への解決策」についてお話したいと思います。

現時点で絵師の方はもちろん、イラストを描くことに興味を抱き始めている方は必見です!

絵師について

絵師というのは元来の意味として「浮世絵などを描く生業をしている人物」を指していました。

現在では「画家」という言葉が存在することもあって、この用法を耳にすることは少なくなってきました。

もっぱらネットが普及しだしてからは「絵を描く人」という大きいくくりの意味で使われることがほとんどです。

ではイラストレーターとの違いは何か?そう思う方がいるでしょう。

結論から言うと絵師とイラストレーターを分ける定義は存在しません。

人によっては「プロがイラストレーターで趣味・アマチュアが絵師」と考える人もいるでしょう。

確かに絵師という言葉が使われだしたインターネット黎明期はこうだったかもしれませんが、昨今ではあいまいになっています。

誰でも簡単にSNSで気軽にイラストを投稿できるようになり、目に触れる機会が増えたために、そもそもプロとアマチュアの境界自体が線引きするのが困難になっているという背景があります。




絵師の炎上

SNSの普及がきっかけで絵師と呼ばれる人たちが増えたことによって、それだけ問題も散見されるようになりました。

インターネットを使う上での特徴の一つが匿名性であるわけですが、それが問題の規模の拡大に拍車をかけています。

創作しているほとんどの方が意識せずともクリアしていることなのですが、念のために炎上の種類と回避方法を載せておきますね。

「自作発言」

自作発言」とは他の人が描いた作品を自分が描いたものだと主張し、掲載することです。

中には

あまりうまく描けなっくて~

など盗用しているにもかかわらず、何とも失礼な前書きを載せる人が存在します。

そして自作発言がバレて炎上すると。

回避方法は簡単。「自分の絵は自分で描く

もっとも当サイトを閲覧してくれている方は、それこそ自ら何かしらの創作で使うためのアイデアを探しに来られたのですから、無縁ではありましょうが。

「キャラやストーリー設定の誤記」

これは二次創作に限定される問題です。

>二次創作について

オタクの中には人一倍キャラやストーリーの設定に敏感な人たちがいます。

なので設定周りの話題は論争になることが非常に多いです。

ややこしい設定では無問題なのですが、ストーリーやキャラの根幹をなすような設定を知らないまま絵を描いて炎上するといったケースは少なくありません。

特に絵師がイラストを販売していたりすると、人気の作品に知識0のまま参入して、金銭目的で絵を描いているんじゃないかといったことが囁かれます。

お金云々というよりは作品愛が無い状態でその作品を利用して商売しようというのが許せないのでしょう。

この問題の回避法は「作品を見ておく」ということです。

最初から知識がある人はいませんし、知識がないことは悪いことではないのです。

アニメなら作品を見る。ゲームならプレイする。漫画なら読む。

隅々まで把握する必要はありません。

人気作品だな~これ描くか」ではなくて

面白い作品だな~これ描きたいな」と思うことができればいいのです。

「トレス」

これもよく炎上することです。

トレスとは既存の絵のポーズやデザインを紙に透かして写すことを指します。

そんなのバレる?

そう思う方もいるでしょうが、これが結構バレるんです。

トレスを検証する人たちが存在しますし、普通に見ている人でも絵に触れる機会が増えて判別する力が自然に養われている人は多くなっています。

トレスした作品が売り出されていたりしたときなどは大炎上必至です。

これは先ほどの自作発言と似ていて、トレスという行為自体は問題ないのですが他人の作品を勝手に使って自分が描いた物だと主張するのが問題なんですね。

この問題の回避策は「ポーズやデザインを自分の手で描くことから逃げない」ということです。

複雑だったり魅力的なポーズやデザインを表現しようとすると、画力が高くないうちは絵全体が崩れてしまってげんなりしてしまうでしょう。

しかしそこでトレスに頼ってしまってはその場は取り繕えても本質的な画力は一切向上していないのです。

逆にポーズやデザインに時間をかけて向き合っていくと、絵全体もじわじわと見栄えが良くなるはずです。

日々の研鑽。それこそが重要ですね。

まとめ

今回は「絵師の意味や炎上解決策」についてお話してきました。

正直「当たり前のこと言ってるだけじゃないか」という感想を持たれた方がほとんどでしょう。

しかしその当たり前のことができてない人の多いこと多いこと。

それから、炎上の火種を作っていないにも関わらずにとやかく言ってくる人は無視しましょう。

変な人って絶対いますからね。相手にするだけ時間と精神の無駄です。

指をさして非難してくるつまらない1人に心を砕くのではなく、背中を押して応援してくれる大切な99人がいることを忘れないで下さい。

では今回はこの辺で。

<これまでの記事はこちら>

よろしければブックマークやフォローお待ちしております!Twitter(@Soutome_ruitsu)

それではまた次回お会いしましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする